ジュエリー

「ナチュラルブルーダイヤモンドの、プロが実際に出会う確率について。」

 

 

http://www.jewel-planet.jp/products/list.php?category_id=1603

 

 

「ナチュラルブルーダイヤモンドの、プロが実際に出会う確率について。」

 

最近、私はテレビを観ません・・。 好きな番組以外は。笑

 

ウェブサイトでも、ジュエリーの販売サイトでは、

「稀少」という言葉があふれているのではないでしょうか。

 

わたしたちはその言葉を使用することに、神経を使います。

 

 

確かに、美しい宝石は稀少と言えます。

 

ですが、プロの立場として本当に見つけづらいクオリティのジェムストーンに対して、

稀少という言葉を使用しなければならないのが責任です。

 

そして今日、お題にあげました、

「ナチュラルブルーダイヤモンドの、プロが実際に出会う確率について。」

これに関して、ブルーダイヤモンドの稀少性が

実際どの程度なのかを少しお伝えしたく、ここに書いております。

 

 

例えば、美しいパライバトルマリン、(これも今やとても難しいですが)必死に探せば、

価格の事は置いておいて、見つかる可能性は、あると思います。

 

 

しかしながら、ブルーダイヤモンドにおいては、本当に見つける事すら難しい。

 

お客さまからのご依頼でも、ブルー自体をご紹介することが、本当に難しいレベルの稀少性です。

 

メレサイズの小さなサイズでも、ナチュラルのブルーダイヤモンドは大変レアです。

 

プロが普段仕事をしていて、出会うナチュラルブルーダイヤモンドの数は、年間数個だと言えます。

 

そして、カラーダイヤモンドのプロでなければ、その数は0かもしれません。

 

それほどの稀少性の高さのナチュラルブルーダイヤモンド。

 

 

 

冒頭のテレビを観ませんというのは、あまりのコマーシャルワードのために、

本当の意味を見極める事が難しいこの時代において、テレビのニュースを必要とせず、

本当の宝石のことをこのサイトではお伝えしたいなあ、という想いから、

最近のわたしの行動の一つを、ついつい、お伝えしてしまいました。。。

 

 

ここには、多くの最近であったナチュラルブルーダイヤモンドや、

ピンクダイヤモンドをご紹介しています。

 

ナチュラルブルーダイヤモンドやピンクダイヤモンドの美しさは、

小さなサイズでも非常に高価であり、またその美しさは、

サイズの大きさにかかわらず、ハートの奥に突き刺さるような感動と共に、振動しています。

 

 

ナチュラルのブルー、ピンク、いずれも本当にレアな存在のカラーダイヤモンドです。

 

ジュエリーにお仕立てしましたら、小さなサイズのカラーダイヤモンドでも、

圧倒的な力を秘めたジュエリーへと姿を変えます。

 

 

是非限られた機会のカラーダイヤモンドのご紹介ですので、お気に入りを手に入れてください。

 

コメントを残す

*