ジュエリー

ドイツアイフェルからの贈り物 アウイナイト

世界屈指の美しいレアストーン。

そこに名を連ねる、アウイナイト。

ブラジル産パライバトルマリン、アウイナイト、レッドベリル、デマントイドガーネット。

レアストーンと呼ばれる中でも、屈指の稀少性と、価値、

そして確固たる「美しさ」を備えるこれらのジェムストーン。

 


ただ単に、稀少性の高い存在ではなく、類稀なる美しさを秘める事を備えた存在。

それは、美しい結晶となる条件が奇跡的にそろった状況下で誕生した宝石。

今回その中で、たった二本ですが、“二本も”ご紹介できる奇跡に恵まれた、
「1ctアップ」の最高の稀少性を秘めた、アウイナイト。

わたしたちも、長いジュエラーとしての歴史の中で、

1ctアップのアウイナイトをお客様にご紹介できる、初めてこの機会に恵まれました。

いままで、「1ctアップ」のアウイナイトはなかなか出会えない存在、

そのことに憧れを抱いてきましたが、目の前にその存在が形として登場するのは初めてのこと。

ブラジル産の大粒のパライバトルマリン、レッドベリルの大粒、デマントイドガーネットの大粒、

それらと出会う以上にアウイナイトの1ctアップのジェムクオリティに出会うのは難しいと、実体験から感じずにいられません。

 

 

深い瑠璃色を呈する、アウイナイト。

小粒のものでも、その美しさは、青い宝石の中で逸脱した煌めきを感じさせますが、

さすが大粒1ctアップはその迫力や、色の深み。

そして煌めきの美しさが異次元のレベルのものとして感じられるほどに、強烈です。

ぼんやりと美しさを奏でる種類のものではなく、確固たる、

確かな美しさを感じさせる瑠璃色のきらめきは、他の宝石に描き出すことは出来ません。

 

アウイナイト1ctアップ。

それは、結晶化すること自体が奇跡といわれる、

ウルトラマリンブルーの美しさが結晶化した宝石が見事な大きさで誕生した、神秘的な存在。

(ちなみにアウイナイトは、ラピスラズリを構成する青、顔料としてはウルトラマリンブルー、

かつて金よりも高額だった顔料とされ、光の魔術師と呼ばれた、

『真珠の首飾りの少女・Girl with a pearl earring』に代表される、ヨハネス・フェルメールが多様した「青」の色。

そのラピスラズリを構成する青を生み出す元素が、地中で結晶化し、

宝石として生み出される、神秘的な背景を秘めます。

その特別な青の煌めき、瑠璃色の美しさを秘めたアウイナイトは、

他のどの宝石にも語ることの出来ない、特別な深みを秘めた宝石といえます。)

是非この機会に、お客様にとってももしかすると

一生の一度の出会いとなってしまうかもしれないこの機会を見逃さないでください。

 

コメントを残す

*