ジュエリー

ピンクダイヤモンド ~アーガイル鉱山の閉山に向けて~

ピンクダイヤモンドは、これからますます稀少性が増していく、最も注目株の宝石といえる存在です。

それは、世界のピンクダイヤモンドの約90%の産出を誇るとされる、西オーストラリア、アーガイル湖の南西に位置する、アーガイルマインが2020年に閉山を予定されていることに起因しています。

 

【アーガイル刻印入り】ピンクダイヤモンド 0.206ct ルース FANCY LIGHT PINK 0.206ct〔CGL〕

 

先日開催されたサザビース香港のオークションに出品されていた、0.14ct程度のFancy Deep Pink Emerald cut のダイヤモンドのリングは、なんと、250万円ほどの落札価格。

1ctあたりの価格が、1500万円ほどの凄まじい落札価格です。

 

ジュエリーの完成品としての美しさ、使用されたピンクメレのクオリティなども勘案しても非常に高価な落札価格となりました。

 

世界はピンクダイヤモンドの上質のものに心奪われていると言っても過言ではありません。

 

 

弊社では今までもそうでしたがより一層、ピンクダイヤモンドの美しさや価値をお客様にお伝えできる様、世界中からピンクダイヤモンドをコレクションし、素晴らしいクオリティのものをご紹介してまいります。

昨今ご紹介しているピンクダイヤモンドのコレクションも、彩度の高く、上質のものばかりをご紹介していますので、是非お見逃しなくお願い致します。♪。

 

コメントを残す

*